結婚がもたらす変化

結婚間近の看護師は、結婚をしても患者に対して心から大切に接することができる看護師であり続けたいと思っていることでしょう。看護師を一生の仕事にしていきたいと思っているのが窺えて、心から看護の仕事が好きであるのが感じられてきます。結婚をしてからというもの、仕事に対して一層身を入れることができるようになったとおっしゃる看護師が居るのではないでしょうか。まるで結婚が自分に大いなる力と生きる喜びを与えてくれたかのように感じていると思い、人を前向きにさせるものだと感じているのが窺えるのです。結婚をすることでこんなにも満ち足りた気持ちになるのかと心底驚いている看護師が居るでしょうし、結婚は正に愛を絵に描いたような象徴性に富んだものだと感じ入っていくのであります。これからも夫と共に永遠の愛を育んでいき、互いが支え合っていこうとする協調性や、掛け替えのない絆を形作っていくのです。結婚生活を重ねるごとに愛の結晶が大きくなっていくことを実感している看護師がいらっしゃることでしょう。

そして結婚した看護師に訪れる転機が妊娠です。愛する夫との間にかけがえのない命が生まれ、この子を守る為なら例えどんなことでもするわ、何があっても負けないと思う看護師も少なくないでしょう。お腹が大きくなるごとに子どもへの愛情も育っているのを感じ、愛する夫と生まれてくる子どもとの幸せな未来に思いを馳せていると思うのです。しかし、そこで考えなければいけないのは仕事を続けるのか、専業主婦になるのかということでしょう。苦労して看護師資格を取得し、この仕事が好きだと思われている看護師の中には、出産後も仕事を続けていく決断をする方もおられるでしょう。その際には、勤めている病院の産休・育休制度について知っておく必要があると思うのです。妊娠中に無理をすれば、切迫流産になりかねません。お腹に宿る小さな命の灯火は、何よりも大切にするようにしましょう。また、産休が明けた後の復職についても考えておくべきでしょう。今までのような働き方では、育児との両立は難しくなるでしょうし勤務の仕方や所属についても、しっかり病院と話しておきましょう。どうしても病院側と貴方の意向が合わないのであれば、出産を機に退職し、別の病院で復職するのもいいのではないでしょうか。結婚・出産を機に看護師が転職することは珍しくありませんし、まずは自分とその家族のことを一番に考えることが、貴方の幸せな未来を創造する大きな一歩となることに間違いないのであります。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.