休みの多さが幸せの象徴

なるべく休みが多い病院で看護業務をしたいと思っている方がおられることでしょう。人生を楽しむためにフリーダムな気分になるべきだと思っているのが窺えて、休みには大勢の友人と遊ぶなり、遠い所まで行って自然の美しさに触れるなり様々な想像をしているのが感じられてきます。中には結婚し子どもがいるから、子どもとの貴重な時間を大事にしたいという方もおられるでしょう。休みが多い程満ち足りた気分になる方が少なくないと思い、幸せがどんどん膨らんでくるような感覚を覚えていくのです。

休みの多い病院への入職が決まった方は、一気に人生の質が高くなったような気分になっていることでしょう。休みの多さが自分を祝福してくれているように思えていき、休みには新たな可能性を追い求めていこうとする気持ちを加速させていきます。ともすれば二連休でどれだけ沢山のことができるかを想い巡らしていき、休み中で自分を劇的に変えていこうとする目標意識が芽生えるようになるのです。その病院で看護師として働く日が来ることを心待ちにしているのが窺えて、希望を奏でるカウントダウンが始まったことを実感していきます。

看護の仕事を心から愛する気持ちから、休みが少なくても全然気にしないとおっしゃる看護師が居るかもしれません。まるでその仕事を趣味にしているかのように感じさせて、いかにもその仕事が生き甲斐だと言わんばかりです。看護業務に対しての強い姿勢が窺えて、高度な看護技術を習得しようとする気持ちで溢れているのが読み取れます。ともすれば看護現場に骨を埋めるくらいの気持ちを持っても不思議ではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.